• トップ /
  • 家探しで新生活を始める時の費用

家賃は収入の何割にすべき

家探しで新生活を始める時の費用

家探しから費用がかかる

単身や新婚、家族で家探しから新生活を始める際の費用はそれぞれに違います。まず単身者であればアパートやワンルームでも可能ですが、新婚や家族の場合はワンルームでは場合によっては制限を受ける場合があります。その際は広めのマンションとか借家を借りることになります。家探しから新生活を始める場合は初期費用というものがかかって来ます。敷金や礼金、前家賃、仲介手数料や保証人を立てられない場合には家賃保証会社に保証料を支払うことになり、他に火災保険料や鍵の取り換えとかの費用がかかって来ます。そして家具調度品や照明器具、カーテンや電化製品を購入する場合もありますし、引越し代もかかって来ます。入居時ではないものの2年目の契約更新の際に更新料や更新事務手数料が必要な場合もあります。従って家探しから初めて新生活を始める場合には初期費用は1ヶ月分の家賃というものが基準となり、敷金や礼金などは家賃の倍数の形で増加することになるので注意する必要があります。仲介手数料や敷金・礼金は探せばこれが無料とか割安に設定されているところもありますし、フリーレント制の表示のあるところでは一定期間賃料が発生しないという物件もあります。家賃の額は1ヶ月の収入の3割以内に抑えるのが堅実とされています。

↑PAGE TOP